開発期間はどれくらい?
2017.06.22

トップ画面現在、スマートフォンからインストールできるアプリは、お店の集客に重要なツールとされています。実際に多くの有名企業が、自社アプリを使ったPRをしています。現在は大手企業だけでなく、中小企業でもアプリを使って「O2O」を展開しているところも増えてきています。しかし、当然ながらアプリを公開するにはアプリを作成しなければなりません。普通の中小企業の経営者の方は、アプリを作成するためのプログラミングに詳しいという人もあまりいないのではないでしょうか?O2Oでお店のPRのために自社のアプリが欲しいものの、アプリが作成できないので困っている経営者の方もおられるでしょう。しかし、需要があれば供給というものがあります。
現在では、いくつかの手段を使ってアプリ開発のスキルが無い人でも、お望みのアプリを手に入れることができます。たとえば、初心者の人でも簡単に、しかも無料でアプリを作成できるツールやサイトなどがあります。こういったツール・サイトも現在はたくさんあるので、自分に合ったものを選ぶのがポイントです。ただし、このようなもので本格的なアプリを作るのはやはりまだ難しいものがあるかもしれません。
そこで「アプリ開発会社」に依頼するという方法もあります。この方法では、もちろんかなりのコストがかかるものの、本格的なアプリを作成してもらえます。このアプリ開発会社に依頼したときに、開発の期間はどれくらいになるのでしょうか?おおまかに一般的な受託開発の流れをご紹介してみましょう。
まずは「企画」です。・この段階で、どのようなアプリを作りたいかを開発会社と打ち合わせます。「要件定義」という段階は、企画内容を掘り下げて仕様書を作成します。工数や開発費用の見積もりもこのとき確認します。
次に「デザイン・レイアウトの検討と作成」です。デザインはもちろん大事な要素ですが、独自に素材を作るのかフリー素材を利用するかなどの選択もします。「実装」はいよいよプログラミングの段階です。先に設定した要件定義・仕様書をもとにアプリ開発のプログラミングをします。
「総合テスト」を行って、アプリが完全にできているかを確認します。アプリ開発には大まかに言ってこのような流れがあります。一般的なアプリの依託開発では、最短でも6ヶ月はかかるとされています。ただし、人手が少ない中小のアプリ開発会社や、ネットのクラウドソージングのフリーアプリプログラマーなどの場合はそれ以上の時間が必要になる場合があるでしょう。

▲ ページトップへ