アプリ作成費用の相場
2017.06.22

ノートとiPhoneスマートフォンといえば、今では多くの人が使っている便利なツールです。街を歩いていても電車に乗っていても、毎日スマホをいじっている人を見かけますね。このスマートフォンには「アプリ」という、さまざまな機能を持ったソフトがあります。ほとんどが無料でスマホにインストールすることができるので、多くの人がこのアプリを活用しています。これに目をつけた大手の企業は、その企業のアプリを配布して自社のPRに使っています。現在では大手企業だけでなく、中小企業もアプリを公開してO2Oの一環にしています。
ということで、自分の会社も、そろそろアプリを作ってみたいと思っている中小企業の方もおられるのではないでしょうか?しかし、アプリ開発といっても普通の人が簡単にできるものでもないので、簡単な方法として「アプリ開発会社」に外注するというものがあります。この方法でアプリ開発の知識が無くても自社のアプリを手に入れることができるわけですが、当然ながら費用がかかります。
では、アプリ作成の費用の相場はどうなっているのでしょうか?ところが、現在はアプリ作成の費用の相場というものはわかりにくいものになっています。なぜかというと、アプリ開発というものもまだ歴史が浅いので、きちんとした相場は設定されていないからです。ですので、「アプリ作成の費用の相場ってどれくらい?」と聞かれても、アプリ作成専門の人でも答えにくいでしょう。
現在のアプリ作成の費用というのは、依頼した会社によってまちまちになっているのです。ただ、システム開発の見積もりというものは1機能を実装するのに必要な時間・工数×1時間ごとのエンジニア売値=料金というのが一般的とされています。要は、この見積もりをするエンジニアによってかかる料金が変わってくるからです。
アプリ開発会社の選び方のひとつに、「必要な金額をはっきりと提示している会社」というものがあります。ですので、アプリ開発の見積もりをはっきり提示していない会社には依頼しないほうがよいでしょう。大まかに言って、アプリ開発は開発中だけでも60万は必要とされています。さらに多くの機能を実装するなら毎月100万以上になってくるでしょう。
さらに、データベース連携などの場合は、長期間の納期で1000万円以上もの費用になる可能性があります。多くの人が利用して集客力が見込めるお店集客アプリですが、そのアプリを外注して開発するにはこのような大きなコストが必要となるのです。

▲ ページトップへ