アプリ開発ツールの選び方
2017.06.22

充電中お店を経営しているビジネス業界で今注目されているキーワードであるO2O(オーツーオー)とは、「Online to Offline」、つまりネット上からお客さんを実店舗に足を運んでもらうための施策のことをいいます。今やスマートフォン時代ということで、多くの人たちがスマートフォンを利用しています。このスマートフォンにはアプリというものがあり、現在ではアプリによってO2Oができる「店舗集客アプリ」を無料でダウンロードしている企業がたくさんあります。
スマートフォンでアプリをダウンロードしているとき、一度は有名な企業のアプリを見たことがあるでしょう。うちのお店でもそんな「店舗集客アプリ」を作りたい!と思っている店舗経営者の方もいるでしょう。しかし、アプリ開発というものは素人が簡単にできるというものでもないので問題ですね。たとえば、アプリの制作会社に外注をしたり、小規模のアプリではネット上のアウトソージングサイトで実績があるフリーの方に頼むということもできます。これらの方法では、お金はかかりますが現在の集客における大きなツールであるアプリを作ることができます。
また、先ほど、「アプリ開発というものは素人が簡単にできるというものでもない」と言いましたが、時代は進んでいて、現在では「アプリ開発ツール」というものがあって、アプリ開発をしたことが無い人でも簡単なものならできてしまう便利なツールがあるのです。現在はお店経営でもアプリはとても重要な集客のツールと言われているので、そういう需要と供給があるから、こういったツールも出てきたんですね。そんなアプリ開発ツールにもいろいろあります。
ここで代表的なアプリ開発ツールを紹介しながら、選び方についてもお教えしましょう。「Monaca」は、無料でもできる国産アプリ開発ルールです。アプリ開発ツールでは一番有名かもしれません。ただ、Monacaはまったくの素人がアプリを作れるというものではありません。なので、ある程度プログラミングを学ばないと作ることができないという面があります。
「Yappli」は、「誰でも作れるスマホのアプリ」というキャッチコピーがあるアプリ開発ツールです。ということで、プログラミングが不要で本格的なアプリ開発ができてしまうというのが一番の特徴です。有名企業も利用しているのですが、利用の際には月に最低税別9800円必要になります。
「BRAND」は、4ステップでアプリ公開ができるということが売りのアプリ開発サイトです。無料で簡単に、商用アプリが作れてしまいます。さらにBRANDでは、ビジネスシーンを意識したテンプレートや通知機能があるので、小資本でも活用できる便利なアプリ制作サイトです。
このほかにもまただくさんのアプリ開発ツールがありますが、選び方としてはもちろん「自分の目的や予算に合ったものを選ぶ」ということです。このなかで言えば、費用はかかってもいいからきちんとしたものを作りたい人なら「Yappli」、とにかく簡単に小規模なものでもいいので作りたいという人は「BRAND」、プログラミングの勉強をしながら自分でアプリを作ってみたいという人は「Monaca」ということになるでしょう。

▲ ページトップへ