多汗症をボツリヌストキシン注射以外で治す

多汗症はボツリヌストキシン注射による治療法が最も効果的でしかも治療費も安く済みますが、この方法で効果がなかった場合は、手術という選択肢もあります。例えば、悩んでいる症状が多汗症以外にもあると注射だけでは解決できません。多汗症の治療はボツリヌストキシン注射で事足りますが、ワキガがある場合にはそれだけでは解消できないのです。このような時にはやはり手術をする方が良いでしょう。この多汗症と同時にワキガも治す手術には保険診療と自費診療の二つがあります。まず、保険適用となるのが剪除法と言われる手術です。これは皮弁法とも呼ばれています。治療法としては、まず、わきのシワに沿って小さく切開します。それから皮膚の内側にあるアポクリン汗腺を露出させ、直接切除します。
保険適用外ならば、「フォーミュラシェーバーシステム」という新しい方法もあります。これは今まで行われていた超音波吸引法やローラークランプ法、クワドラカットなどの治療法がより進化したものです。剪除法では4センチから5センチの切開が必要になりますが、この方法であれば4ミリから5ミリの切開で済みます。効果が高いうえに合併症などのリスクも少ないので、非常に良い治療法です。ただしこれはワキガも併発している多汗症の場合が良いでしょう。

ワキガ切除法と超音波吸引法

ワキガ切除法は、わき毛の生えている部分の皮膚を、アポクリン腺・エクリン腺・皮脂腺・わき毛ごとすべて取り除いてしまう手術です。汗腺が除去され汗は出なくなります。傷跡は5センチ程度となり、わき毛も少なくなるというメリットもあります。
次に超音波吸引法ですが、これは超音波によってアポクリン腺とエクリン腺を潰してしまいます。しかも皮膚へのダメージも少なく、傷跡は小さくてあまり目立ちません。術後は翌日からシャワーも入れますし、小さな絆創膏を張るだけで済みます。また、毛根へのダメージも少なく、男性の場合はわき毛があまり減らずに済みます。保険範囲内ですので、費用が安く済むこともメリットの一つです。両方の場合でも数万円で済みます。

ローラークランプ法

ワキガ・多汗症手術の一つにローラークランプ法があります。これは切除法と吸引法を合体させた方法で、ローラーで皮膚を軽く圧迫しながら、ローラーとカニューレという医療器具で皮膚を挟み、アポクリン腺・エクリン腺・皮脂腺を削除してしまう方法です。この方法だと毛根まで達するために脱毛にもなります。効果は切開法と同等で、しかも傷跡も小さくて4ミリから5ミリ程度で済みます。
以上のように様々な手術法を見てきましたが、手術をしないで治療をしようと思うのなら、やはりボツリヌストキシン注射による治療があらゆる面で優れており、それで効果が見られずに手術をする場合には、フォーミュラシェーバーシステムが最も優れているようです。

ピックアップ記事

多汗症をボツリヌストキシン注射以外で治す

多汗症はボツリヌストキシン注射による治療法が最も効果的でしかも治療費も安く済みますが、この方法で効果がなかった場合は、手術という選択肢もあります。例えば、悩んでいる症状が多汗症以外にもあると注射だけで...

多汗症に効果的なボツリヌストキシン注射

現在、多汗症に最も効果的とされるのが、ボツリヌストキシン注射と言われるものです。ボツリヌス菌という菌には、たんぱく質を生成するという特徴があります。この天然のたんぱく質が多汗症に効果を発揮します。ボツ...

ボツリヌストキシンを使用した多汗症治療の費用

多汗症の治療でボツリヌストキシン注射をした場合には、以前までは保険適用外で費用も高額になることがありました。しかし現在、わきの下ならば保険の範囲内となり、手軽に受けることができるようになりました。ただ...

多汗症におけるボツリヌストキシンや塗り薬の治療効果

多汗症の治療には色々なものがあります。代表的なものはボツリヌストキシンを使用しての治療です。このボツリヌストキシンを使った治療は、最も効果が高いものとして知られています。この注射については後に詳しく述...