多汗症に効果的なボツリヌストキシン注射

現在、多汗症に最も効果的とされるのが、ボツリヌストキシン注射と言われるものです。
ボツリヌス菌という菌には、たんぱく質を生成するという特徴があります。この天然のたんぱく質が多汗症に効果を発揮します。
ボツリヌストキシン注射は、菌からたんぱく質を抽出し、わきの下に注射するという治療法です。この薬が交感神経から伝達された汗を出す信号をブロックして、過剰に出てくる汗を減少させます。
汗が出てくる原理は単純で、脳が暑いとか緊張とかを感じると汗を出す信号を出し、その信号によって汗腺が刺激されて汗が出てきます。ボツリヌス療法では、ボツリヌス菌が作り出した天然のたんぱく質が汗を出す信号を押さえてくれるというわけです。

多汗症治療の実際

多汗症は身体の様々な部位に起こりますが、どの部位であっても最初に行われるのは、塩化アルミニウム溶液を塗る治療です。この治療法が最も簡便だからです。ただし、塩化アルミニウム溶液は保険適用外なので、市販品を買って行うことになります。使用方法ですが、この薬には汗の出口をふさぐという作用があり、寝る前に塗布して、朝起きたら洗い流すことを毎日繰り返します。数週間の間は毎日行い、効果が出てきたと実感することができたら週に1回ないしは2回に減らしていきます。もし、あまり効果がないようならば、溶液に浸したガーゼや布、あるいは手袋などを当て、その上からゴム手袋やラップなどで固定しておきます。こうすることでより安定的に溶液が付着するので効果も上がります。
この治療と共に水道水イオントフォレーシス治療も効果的です。週一回ほどの通院で済み患者さんへの負担が少ないため、取り入れている病院も多いです。
以上のような方法で効果がない場合は、ボツリヌストキシン注射をすることになります。まず、カウンセリングがあって、この薬についてや治療法に関しての説明があります。その後、注入する部位をマーキングして、それを確認後に実際の注射を打つことになります。注射後はその部位を冷却して、十分に冷えたら終了となります。この治療は一部位に当たり約5分程度であり、麻酔を使えば痛みもありません。1回の治療で効果は約5~6か月間持続します。ただし、これは病院によって使用する薬剤の容量や用法が違う場合があったり、病気の重症度合いによって違うので、あくまでも目安です。なお、入浴やシャワーはその日から入ることができます。

ボツリヌストキシン治療に向いている人

この治療法は非常に効果的ですが、誰でもすぐにした方が良いわけではありません。普段からわきに汗ジミができて人目が気になる人や、常にわき汗パッドが手放せなくて不便な思いをしている人におすすめです。また、手術による方法以外の効果的な治療がしたい人にも向いています。注射の痛みが苦手な人がいますが、そんな人の場合は、クリームを塗る麻酔や笑気ガスをサービスしてくれる病院もあります。ともあれ手術と違って治療費が安いうえに、短時間で治療が住み、効果が実感できる期間も6か月程度あるこの注射は、わき汗に悩む人にとってはとても良い治療法ではないでしょうか。

ピックアップ記事

多汗症をボツリヌストキシン注射以外で治す

多汗症はボツリヌストキシン注射による治療法が最も効果的でしかも治療費も安く済みますが、この方法で効果がなかった場合は、手術という選択肢もあります。例えば、悩んでいる症状が多汗症以外にもあると注射だけで...

多汗症に効果的なボツリヌストキシン注射

現在、多汗症に最も効果的とされるのが、ボツリヌストキシン注射と言われるものです。ボツリヌス菌という菌には、たんぱく質を生成するという特徴があります。この天然のたんぱく質が多汗症に効果を発揮します。ボツ...

ボツリヌストキシンを使用した多汗症治療の費用

多汗症の治療でボツリヌストキシン注射をした場合には、以前までは保険適用外で費用も高額になることがありました。しかし現在、わきの下ならば保険の範囲内となり、手軽に受けることができるようになりました。ただ...

多汗症におけるボツリヌストキシンや塗り薬の治療効果

多汗症の治療には色々なものがあります。代表的なものはボツリヌストキシンを使用しての治療です。このボツリヌストキシンを使った治療は、最も効果が高いものとして知られています。この注射については後に詳しく述...