ボツリヌストキシン注射は多汗症に効く

世の中には様々な病気がありますが、中でも大量の汗をかく多汗症は、単なる体質だと思われることもあり、また、日常生活にさほど支障がないことから放っておく人も多いようです。しかし、これは自律神経の一つである交感神経が失調することから、体温上昇とは無関係に汗が大量に出てくる病気なのです。
また、汗は緊張した時や不安感などの精神的な原因から出ることもありますが、多汗症の場合はこれらとは違い、身体機能の失調がもたらす病的な汗と言えます。ゆえにこの疾患は病院での治療が可能であり、その治療薬としてボツリヌストキシン注射が有効とされています。

日常生活の中での多汗の原因

多汗症という病気ではなくても、多汗になるには原因があります。病気を疑う前に、多汗になる原因について考えてみましょう。多汗の場合、まず最初に考えられるのが、日常生活の中での汗です。汗は真夏の暑い日や、熱いものや辛いものを食べたときに発生します。暑い日や運動による汗は、体温を37度程度に保つために生理的に出てくる汗で生理的な汗と言えます。この汗は主に鼻や額、あるいは首筋などに現れます。
突然のことに驚いたときなども、人は汗をかきます。主に手のひらや足裏・わきの下などですが、これは精神的な要因が自律神経の乱れを起こして、汗となって表れたものです。同じようなものに冷や汗と呼ばれるものや、緊張感や不安感がもたらすこともあります。

疾患による多汗

気を付けなくてはならないのは、何かの病気による多汗です。病気としてまず挙げられるのが多汗症です。これには二つあり、一つは局所性多汗症であり、二つ目が全身性多汗症です。局所性の場合は、普段から汗をかきやすい体質な上に、精神的なストレスが加わって起こるものが多いです。これに対し全身性の場合も、ほとんどが局所性と同じ原因なのですが、中には何かの病気が原因となっている場合があるので注意が必要です。
バセドウ病が原因となっていることもあります。この病は甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、全身に汗をかいたり、甲状腺の腫れ、手の震え、疲労感、体重の減少などが表れます。また、更年期障害が原因で多汗になることもあります。これも女性ホルモンのバランスが急激に変化することで、心身に様々な不調を引き起こした結果と言えます。
自律神経失調症でも多汗の症状は起こります。これは過度のストレスなどが原因で自律神経が乱れるもので、不安や緊張、多汗、頭痛、肩こり、めまい、不眠といった様々な症状が表れます。それらは人によって千差万別であり、誰でもが同じ症状にはならないのが特徴です。
多汗には色々な原因があります。人より多く汗をかくからと言って多汗症だとは言えません。ただ、病気の場合もあるので、気になる場合は病院に相談して、多汗症と診断された場合は、早めにボツリヌストキシン注射などの治療を受けることが肝心です。

今までの超音波吸引法・ローラークランプ法・クワドラカットなどと呼ばれる方法が進化した治療ですが、従来の吸引法とは比べ物にならないほど性能がよくなり、剪除法とほぼ同等の効果があります。 当院では、治療をしたら終わり。ではなく、経過についても丁寧に観察させていただいております。 最短5分で多汗症治療(ボツリヌストキシン治療)が可能なクリニックはシンシア

ピックアップ記事

多汗症をボツリヌストキシン注射以外で治す

多汗症はボツリヌストキシン注射による治療法が最も効果的でしかも治療費も安く済みますが、この方法で効果がなかった場合は、手術という選択肢もあります。例えば、悩んでいる症状が多汗症以外にもあると注射だけで...

多汗症に効果的なボツリヌストキシン注射

現在、多汗症に最も効果的とされるのが、ボツリヌストキシン注射と言われるものです。ボツリヌス菌という菌には、たんぱく質を生成するという特徴があります。この天然のたんぱく質が多汗症に効果を発揮します。ボツ...

ボツリヌストキシンを使用した多汗症治療の費用

多汗症の治療でボツリヌストキシン注射をした場合には、以前までは保険適用外で費用も高額になることがありました。しかし現在、わきの下ならば保険の範囲内となり、手軽に受けることができるようになりました。ただ...

多汗症におけるボツリヌストキシンや塗り薬の治療効果

多汗症の治療には色々なものがあります。代表的なものはボツリヌストキシンを使用しての治療です。このボツリヌストキシンを使った治療は、最も効果が高いものとして知られています。この注射については後に詳しく述...